こちらから今すぐ霊園・寺院墓地が検索できます。
エリア
・お墓の選び方
・お墓のお申込方法
・お墓の引越, リフォーム
・お墓のお掃除などなど
 お気軽にご相談下さい
お墓を見学される際にチェックしておきたい事項をまとめました。ぜひ印刷してご利用ください。
お墓あんないでは、全国の霊園、寺院墓地、石材店を検索して、資料請求できます。
お墓の引越し
お墓の引越しを「改葬」といいます。遠方に移転した場合や、その他の事情でお墓に頻繁にお参りできない状況になったとき「お墓の引越し」が考えられます。
改葬については「墓地埋葬等に関する法律」の手続きのしたがって行います。
数ヶ所にあるお墓をまとめるときも同じ手続きが必要です。
自分で勝手にお墓から遺骨を取り出すことは違法となります。

( 手 順 )
  1. 受入証明書  新しいお墓の管理者に発行してもらう。

  2.   ↓

  3. 埋葬証明書  旧いお墓の管理者に発行してもらう。

  4.   ↓

  5. 改葬許可証  旧いお墓の所轄の市町村の役所で改葬許可証申請書を記入し
           受入証明書と埋葬証明書と印鑑を持参して許可証を発行して
           もらう。

  6.   ↓

  7. 旧お墓の管理者に改葬許可証を提示し、ご遺骨を受け取る。
    その際に、その寺院のご住職に「お魂抜き」の供養をしていただく。

  8.   ↓

  9. 新しいお墓に改葬許可証を提出し、お骨を入れ、「納骨供養」をしてもらう。

  10. *引越し先が新しく建てたお墓の場合は、「開眼供養」も必要となります。

お墓のリフォーム
先祖から受け継いだお墓も時を経て、破損箇所が生じたり、時代や家族構成の変化に応じてリフォームを検討する場合があります。 理由の一例として
  • 黒ずんで汚れてしまったお墓の色を元通りにしたい。
  • 部品ごとの細かい修理をしたい(一部欠損なども含む)。
  • たくさんある墓石をまとめたい。
  • 個性を尊重してデザインを変えたい。
  • 化粧砂利にして管理しやすくしたい。
    (草などが生えにくくする、大きくなりすぎた植木を抜く)
  • 文字を彫り直したい(例えば嫁いだ娘が継承するなど。)
  • 薄くなった文字の墨入れをしたい。
  • 塀(柵)付けをしたい、または付け直したい。
  • 地震や地盤沈下によって傾いてしまった。
  • 花立てや香炉を取り替えたい。
  • カロート内に水が入らないようにしたい。
などです。

リフォームを検討する事由は様々ですが、代々つながる貴重な財産ですので、自分の代にどのように直して継承者につなぐのか思案されるところだと思います。補修工事でいいのか、耐久年数を考えて建て替えたほうがいいのか、いずれにせよ現地でお墓の診断をしてもらい、詳しく説明をしてもらったうえで必ず見積書を出してもい、検討されるのがよいでしょう。

墓石をはずして基礎工事から始める場合は住職に御霊抜をお願いしてから遺骨を取り出し骨壷に収蔵してもらいます。工事終了後に入魂式をします。

墓地を見学する時のポイント メニュー


--- お墓、霊園・寺院墓地のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。---

copyright © 株式会社 有未社, お墓あんない All Rights Reserved.