こちらから今すぐ霊園・寺院墓地が検索できます。
エリア
・お墓の選び方
・お墓のお申込方法
・お墓の引越, リフォーム
・お墓のお掃除などなど
 お気軽にご相談下さい
お墓を見学される際にチェックしておきたい事項をまとめました。ぜひ印刷してご利用ください。
お墓あんないでは、全国の霊園、寺院墓地、石材店を検索して、資料請求できます。
お墓の種類
・先祖墓家族を祀り、子孫へ受け継ぐお墓
・個人墓個人だけを祀るお墓
・夫婦墓夫婦を祀るお墓
・両家墓長男長女や一人っ子どうしの結婚などにより両家を祀ったお墓
・共同墓友人や信仰を一にする者を祀ったお墓
・永代供養墓継承者がいない人や、承継を前提としない人を祀るお墓

お墓のつくり


お墓の形
最近では、墓石の形にはさまざまなものがあり、好みによって選ぶことができます。大きく分けると和型・洋型・オリジナルの3タイプになります。その他にも、壁墓地・自然石のお墓・宝塔など墓石の形にはさまざまなものがあります。故人の趣味などを形にした(たとえばバイク・ピアノ・ゴルフ・将棋などの墓石もあります。 生前も死後も個性を表現する時代なのかもしれませんね。
墓地の区画や広さ、お墓の大きさなど検討しながらお墓の形を決めましょう。

和型墓石洋型墓石
日本では古く(江戸時代)から、なじみのあるお墓です。台石を2段重ねた上に、縦長の長方形の石を積み重ねた3段墓といわれている形のお墓です。仏舎利塔(お釈迦様の遺骨を納めたもの)や五輪塔を簡略化したものです。 洋型墓石は高さは低く横幅があるので安定感がありモダンな感じのお墓です。最近では、民営の霊園でよく見られます。墓石に刻む文字も「〇〇家」というものでなく、好きな言葉を刻み、工夫される方も多いようです。

石材について
墓石として使われている石の種類は300種類以上も有ります。

【よく使われている石材】
1. 花崗岩(花崗岩)御影石とも言われます。
2. 斑レイ岩(はんれいがん)
3. 閃緑岩(せんりょくがん)
4. 安山岩(あんざんがん)

最近の日本の墓石に使われている石のおよそ90%は中国からの輸入によるものといわれています。加工技術の向上と国内の競争力によって、日本の製品と遜色ないレベルになっているといわれています。

【国産の主な産地】
1. 福島県   相馬石・浮金石
2. 茨城県   稲みかげ
3. 愛知県   三崎みかげ・岡崎みかげ
4. 香川県   庵治(あじ)石
5. 愛媛県   大島みかげ
6. 岡山県   北木石
7. 神奈川県  本小松石

石の材質や大きさ、等級などにより違いが有ります。数十万から一千万円以上するものまで様々です。何度も建て替えることはありませんので、余裕をもった予算をたてておきたいものですね。

文字の種類(お墓の文字)
墓石に刻まれる書体の種類は、楷書・行書・草書・隷書・ゴシックなどがあります。
最も一般的なのは「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」などが多いようです。
その他に「南無阿弥陀仏」「南無妙法連華経」といった言葉を入れる墓石も多く見られます。(宗派によっても変わってくるので確認が必要です)
最近では墓石のデザインと同様、墓石に刻むのも好きな言葉や好きな文字、詩や俳句の一節を刻んだものなどさまざまです。
墓石に刻む文字は、お寺や霊園によって、ある程度の決まり事のある場合と、自由な場合とがあるようなのであらかじめ確認をしてください。

お墓に関する基礎知識メニュー
その1.お墓を建てる前に その2.お墓の費用
その3.お墓ができるまで その4.墓地の種類
その5.お墓の形・石・文字 その6.開眼供養と納骨
その7.お墓参り


--- お墓、霊園・寺院墓地のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。---

copyright © 株式会社 有未社, お墓あんない All Rights Reserved.