こちらから今すぐ霊園・寺院墓地が検索できます。
エリア
・お墓の選び方
・お墓のお申込方法
・お墓の引越, リフォーム
・お墓のお掃除などなど
 お気軽にご相談下さい
お墓を見学される際にチェックしておきたい事項をまとめました。ぜひ印刷してご利用ください。
お墓あんないでは、全国の霊園、寺院墓地、石材店を検索して、資料請求できます。
お墓を建てるには、まず墓所を決めなくてはなりません。寺院墓地や霊園などありますが、それぞれにいろいろな条件や要素がありますので、検討してみましょう。

寺院墓地
メリットデメリット管理運営
お寺が近くにあるケースが多く、葬儀や法事に便利です。また、僧侶に頼めばいつでも読経、供養してもらえます。永続性・管理面は安心です。 原則として境内墓地を使用するのはその寺の檀家に限られます。そのため、新しく墓地を購入した後は檀家になることを求められ、その宗派やしきたりによって法要等をとり行なうことになります。お寺の行事・法要などの際に、檀家としてお布施を求められることもあります。石材店が、指定されるケースもあります。 宗教法人が管理・運営を行っています。

公営霊園
メリットデメリット管理運営
宗旨、宗派を問わず、永代使用料や管理料が比較的安く、管理が行き届いていることが多いです。永続性も保障されているといえます。 申込者が多いので、募集後に抽選を行うのが一般的です。また、申込者の資格や条件は細かいので、各自治体の担当課に問い合わせることが必要です。石材店の選択肢はありますが、墓地の敷地の広さや墓石の形などは選択肢がないことが多いようです。 都道府県や市町村などの自治体が管理・運営している墓地のことです。

民営霊園
メリットデメリット管理運営
宗教、宗派を問わず、誰でも利用することができます。遺骨のあるなしにかかわらず、また居住地による資格制限もありません。販売は申し込み順になっており、区画がいっぱいになるまで常時受付しています。法要や会食のできるスペースがあったり、生花などを購入できる売店があるなど施設が充実しているところもあります。 公営霊園に比べると、永代使用料は多少高額になります。管理費もやや割高感があります。石材店が指定されている場合もあります。都市部の新しい霊園は近隣住民の反対や管理不十分なこともあるので、慎重に選ぶ必要性があります。 厚生労働省から認可される経営主体は、宗教法人、公益法人(財団法人または社団法人)となっていますが、現在では株式会社組織による企業が運営する墓地も増えています。

霊園によっては、いろいろな区画があります。また、霊園や寺院にお墓を建てるほかに、こんなところもあります。
  • 公園墓地
    敷地内に緑地があって草花を植えたり、休憩できる広場があったりして明るく優しい雰囲気の墓地です。

  • ガーデニング墓地
    西洋的なスタイルで、緑とお花を植えたり、ローズガーデンにしたり、温かみのある優しい感じの墓地です。

  • 芝生墓地
    芝生を敷き詰めた場所に墓石を建てる墓地です。明るく、洋型の墓石を建てることが多いようです。霊園の中の一部の区画に設けられている場合もあります。

  • 永代供養墓・納骨堂
    民営と公営がありますが、ほとんどは、寺院が運営しているものが多いようです。永代供養墓には、骨壷に入れたままのところと合祀のところがあり、さまざまなタイプのものがあります。

    納骨堂には、遺骨を墓地に埋葬するまでの間、一時的に保管しておくところと、お墓としての機能を果たしているところがあります。寺院によっては「霊廟」と呼ぶこともあります。墓地や墓石を購入するよりもはるかに安くすみます。また、寺院によっては永代供養をしてくれるところもあり、後々お墓の面倒をみてくれる人がいない場合など安心です。

  • その他
    最近では、埋葬の仕方も多様化しています。散骨といって海や川などに遺骨をまく方法、宇宙葬といって遺骨の一部をはるか宇宙へ飛ばす方法、遺伝子をキーホルダーのようなホルダーに閉じ込めるものもあります。また、山野葬といって埋骨した場所に植樹し、自然帰化するといようなものにも人気があるようです。費用は様々ですが墓地等の後々の管理料等のことを考えて比較されたらいかがでしょうか。
お墓に関する基礎知識メニュー
その1.お墓を建てる前に その2.お墓の費用
その3.お墓ができるまで その4.墓地の種類
その5.お墓の形・石・文字 その6.開眼供養と納骨
その7.お墓参り


--- お墓、霊園・寺院墓地のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。---

copyright © 株式会社 有未社, お墓あんない All Rights Reserved.