こちらから今すぐ霊園・寺院墓地が検索できます。
エリア
・お墓の選び方
・お墓のお申込方法
・お墓の引越, リフォーム
・お墓のお掃除などなど
 お気軽にご相談下さい
お墓を見学される際にチェックしておきたい事項をまとめました。ぜひ印刷してご利用ください。
お墓あんないでは、全国の霊園、寺院墓地、石材店を検索して、資料請求できます。
お墓を建てるのにどれくらい費用がかかるのでしょう?
お墓を建てる場合は、墓地と墓石の両方が必要で、それぞれ代金がかかります。墓地は不動産のように購入するのではなく、使用料を払って使用権を得るものです。
墓石については、石材や加工などにより、費用がおおきく違ってきます。
その他、管理料・開眼供養・埋骨時の寸志など、すべてを含んだ費用を考えなくてはなりません。

墓地の費用
  • 永代使用料
    永代使用料は土地そのものの分譲ではなく、その土地を永代に渡って使用する権利を得るものです。 永代使用料は、霊園のある地域などによって差があります。また、墓地の広さによっても違ってきます。

  • 管理費
    緑地の整備や、水道・休憩所などの維持・管理などの費用です。管理費は毎年かかります。きちんと管理料を納入しなければ永遠に墓地を使用する権利を失うことがあります。その他にも、墓地使用規則に反することがあると、権利を失うことがあります。

  • 入檀料・護寺会費
    寺院墓地の場合、購入する際に、檀家になるための入檀料が必要になる場合があります。
    また、護持会費がかかることもあります。

墓石の費用
石の材質や大きさ、等級などにより違いがあります。数十万円から一千万円以上するものまでさまざまです。墓石の価格には加工料から据付までの費用が含まれているのが普通ですが、土地や石材店によって違いが出たり、工事費が別というところもあります。加工や彫刻などによっても価格がかわってくることもあります。花立て・香炉・塔婆立てなどそれぞれに費用がかかります。
お墓は、何度も建てかえることはありません。また、石材は現物とサンプルでは印象がまるでちがいます。必ず自分でお店に足を運んで確かめ、予算に応じた現物をみてから決めましょう。
お墓を買うための費用は思った以上にかかるので、余裕をもった予算をたてておきたいものです。

お墓に関する基礎知識メニュー
その1.お墓を建てる前に その2.お墓の費用
その3.お墓ができるまで その4.墓地の種類
その5.お墓の形・石・文字 その6.開眼供養と納骨
その7.お墓参り


--- お墓、霊園・寺院墓地のことなら、なんでもお気軽にご相談ください。---

copyright © 株式会社 有未社, お墓あんない All Rights Reserved.